乳酸菌って何?

ヨーグルト

酵素液をつくるときに、発酵菌として必ず使われて、腸まで達して腸に作用するのが「乳酸菌」です。

 

 

乳酸菌というのは特定の種類ではないです。

 

 

酸素の少ない環境に好んで生育。

 

 

消費したブドウ糖に対して半分以上の乳酸を生成する菌のことです。

 

 

乳酸を作り出すから乳酸菌というのですね。

 

 

乳酸菌は桿菌(ラクトバチルス、カルノバクテリウムなど)と、球菌(ラクトコッカス、ロイコノストックなど)大きく2種類に分かれます。

 

 

有名なビフィズス菌も乳酸菌の一種なのですが、酢酸も作ってぶどう糖に対して50%以上の乳酸を生成しません。

 

 

ですが、まあ、他に同様の性質を持つ菌が存在しないことと、乳酸を生成するので乳酸菌の一種に含まれています。

 

 

乳酸菌が生み出す乳酸そのものは、身体のエネルギー源となりますが、それ自体はさほど重要なものではありません。

 

 

乳酸よりも乳酸菌があることが重要なんですね。

 

 

乳酸菌は必ずしも生きたまま腸内に入る必要はありません。

 

 

たとえば乳酸菌入りの清涼飲料水などは、食品衛生法により、加熱の処理が義務付けられているわけですが、乳酸菌は熱に弱いため、加熱処理されると死んでしまうのです。

 

しかし、乳酸菌は死んでも、死菌体といって、腸にいる善玉菌の優良なエサになるため、結果としては善玉菌を培養しているのと同じですね。

 

 

乳酸菌は、死んでいても生きていても腸にはいることで善玉菌のエサになったり、腸内の病気を誘発する病原菌をやっつけてくれたりするんです。

 

 

乳酸菌はホント、重要なんですよ。

 

 

酵素液や酵素サプリは効率的に、たっぷり乳酸菌を摂れます

 

乳酸菌は腸を健康にしてくれることで、身体の代謝機能を正常に保ってくれるわけです。

 

 

ですから、乳酸菌を取れないということは、健康的なリスクが高いっていうことになるのですね。

 

 

それはもう、何世紀も前から、世界中で気付かれていることなんですよね。

 

 

世界にはヨーグルト、チーズ、ワイン、味噌、醤油、清酒、ワイン、パン、漬け物…

 

 

乳酸菌を利用する食品はたくさんあるのが、その証拠ですね。

 

 

日本人の乳酸菌飲料の飲料飲用者は8割強もいるのですが、週感づいてはいないのですね。

 

 

週1回以上飲用者は3割弱程度と言われています。

 

 

ヨーグルトや乳酸菌飲料は、毎日継続的に利用することが望ましいとされていますが、まだまだ浸透はしていませんね。

 

 

乳製品が苦手な人もいるので、毎日飲むのは難しいのかもしれません…

 

 

ましてや、本当に乳酸菌の効果を感じるのは、400~500g。

 

 

だいたいヨーグルト5個分も食べないといけないんですからね。

 

 

乳酸菌は酵素液をつくる時の大切な原料となり、出荷されるときも飲料にたくさん含まれています。

 

 

酵素サプリ1粒にはそれこそ、ヨーグルト5個分に匹敵する乳酸菌が入っているといわれますよ。

 

 

酵素液や酵素サプリをはじめることは野菜や野草のビタミン、ミネラル分だけでなく、乳酸菌自体をたくさん取れます。

 

 

楽して、乳酸菌をたっぷりとれる上に、他の効能もたっぷりあるのが、酵素液、酵素サプリなんです。

 

 

なお、酵素液、酵素サプリメントの一覧へは下のリンクをクリックしてください。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

体調改善に有効な酵素原液↓↓

体調改善酵素原液


体調改善に有効な酵素サプリ↓↓

体調改善酵素サプリ


消化酵素が強い!代謝を促進する麹菌酵素サプリ


当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。

トップページへ