中性脂肪値を下げるに一番良いのは、結局摂取する「グルコース」を減らすことです。

こんにちは、まりりんです。

 

 

以前に私、

 

 

「EPAを摂っても中性脂肪が減らない」

 

 

の記事で、EPAと中性脂肪について書いていますが、EPAが中性脂肪値を減らすことにはほとんど直接的な効果がないだろうということを言い忘れました。

 

 

多くの人がDHA・EPAは中性脂肪値を減らすものだと漠然と思っているかもしれませんが、中性脂肪はグルコース(糖)から主につくられるものなので、直接的な関与はほとんどないですね。

 

 

ただ、このDHA・EPAのような「オメガ3」と呼ばれる不飽和脂肪酸は肉や白身魚の脂のような、飽和脂肪酸を体内に排出する役割があり、コレステロール値の調整をします。

 

 

ですが、中性脂肪血に関与は直接するものではありません。

 

 

中性脂肪値を下げるに一番良いのは、結局摂取する「グルコース」を減らすこと、というのが大前提になるんですね。

 

 

中性脂肪値が高い人まずコレステロール値も高い。単に「食べ過ぎ」!

 

中性脂肪値とDHA・EPAが関係あるコレステロール値は相関関係はあります。

 

 

中性脂肪値が高い人はコレステロール値が高く、やはりコレステロール値が高い人は中性脂肪値が高いということが普通です。

 

 

ようするに結局ですね、摂取する糖分、ご飯とかですね、炭水化物が多くて、肉料理が好き。さらに血液を固める方向にいきやすい食用油「オメガ6」を摂取しすぎの方向にあります。

 

 

これってどういうことなんでしょうか。

 

 

…簡単にいうとですね、「単に食べ過ぎ」なんですよね。

 

 

オメガ3の食材を摂れている人はまず食べ過ぎというような食生活になる環境ではないです。

 

オメガ3の代表と言われるαリノレン酸は亜麻仁油・えごま油・しそ油などに多く含まれますが、これらの油はあまり揚げ物、炒め物といった料理の下ごしらえや料理する過程でつかわれるものではありません。

 

 

大体サラダなんかに直接かけたりして食べるものです。

 

 

なぜかというと、オメガ3の油は酸化が早いためです。売られているものも、小分けにパックされたドレッシングのような状態になっているものが多いです。

 

 

つまりその他のほとんどの食用油が属する「オメガ6」の油のようにはたくさん摂れないし、普段の生活の中ではほとんど摂られていないということです。

 

 

意識して購入し、使わないことにはですね。(;´Д`)

 

 

そして、もうひとつ、オメガ3の代表がDHA・EPAのわけですが、これはほとんど青魚、サバ、アジ、イワシのような大衆魚になります。

 

 

でも、これらの大衆魚はあまり最近では主菜としては好まれませんよね。

 

 

特に一人暮らしで、あまり自炊せず、外食が多い、という人などは特にこれは食べないでしょう。というか、大衆食堂に行かないとメニューに出てきません。ファミレスなんかでは白身魚の料理がほとんどですもん。

 

 

ここからいえることは何か、というとこういう食材を使った料理はなかなか自分でしないと食べられないし、このような材料で自炊すればあまり食べる量が多くならないよね。ってことです。

 

 

このような食品を多くとっている人は、あまりたくさん食べる習慣になく、また外食も少ないよね。ということです。

 

 

まあ健康なのが普通ですよね。

 

 

中性脂肪値を減らすには、食べる量を減らし、食事の内容を変えなければ大きな変化は望めません。

 

まずは中性脂肪値を減らすには、食べる量を減らし、食事の内容を変えなくてはダメなんですよ。

 

 

炭水化物をたくさん食べて、肉料理が好き。間食も良くする…脂質異常の傾向が出てきやすいです。

 

 

「異常」なんですから、ちょっとやそっとの変化ではびくともしないのです。

 

 

少しくらい酵素液を飲んだところで、DHA・EPAのような成分を摂ったところでね。

 

 

それを動かすのは、ちょっと我慢難しいかな、というくらい食事の量を減らし、そして運動しないといけないです。

 

 

DHA・EPAのサプリなんかは、そうして、体質に変化が起きてくるかな、というところで投入していければ、変化をさらに後押しする役割はするでしょう。

 

 

ですが、食べる量はそのままで、運動もしなくて…みたいな状態な中でいくらとっても、多くはかき消されます。

 

 

とらないよりはまあ、マシですけども、中性脂肪値、コレステロール値を下げるというよりはなんとか上昇を緩やかにする、くらいの影響しか及ぼせないのです。

 

 

まずは、食べる量を減らすことから。

 

 

ちょっと覚悟を決めて、食べる量を減らしましょう。

 

 

そこで、酵素液なんかは、食べる量の置き換えにはかなりよいわけです。栄養豊富だし、腸内に乳酸菌を送り込んでくれるし…

 

 

まあ、でも、食べる量を減らして結果を出すというのはなかなかひとりでは難しいです。

 

 

指針がどうしても固まらないんですよね。

 

 

実際に入るとなると高いのですが、パーソナルジムなんかでちょっと診断を受けてみてはどうでしょうか。

 

 

パーソナルジム例:

SLIT


ワークアウト

 

 

※私がDHA・EPAが最も気軽にたくさん摂取できると思っているサプリを掲載しておきますね。取り組みやすい価格も良いですよ。

 

DHA、EPAにサメのキモの成分「スクワレン(スクアレン)」配合。サラサラ成分が体の隅々まで行き届く。

MIYABI鮫肝


★100円当り含有量は業界最高レベルの665mg。オメガ3系脂肪酸の総量では100円当たり738mg。厚生労働省によるDHA、EPAの摂取目標値は1日1000mg。普段の20代の摂取量200mg~400mg程度を踏まえるとちょうどよいくらい摂れます。


深海サメの肝臓から抽出した油「鮫肝エキス」配合。
この成分はスクワレンと呼ばれて、人の体でも作られ、皮脂などに含まれます。
年齢を重ねると、スクワレンの生成が減少し、皮脂のサラサラ具合が落ちたり、肌のしっとり感がなくなったりすると言われます。
スクワレンは肌のしっとり感だけではなくて、体のめぐりや関節などのスムーズな動きなどにもかかわるのではと言われる大切な成分です。
DHA、EPAと合わせて、体の新陳代謝力をサポート。


★オメガ3系脂肪酸を含む亜麻仁油、吸収しやすいクリルオイルを配合。さらにめぐりや、タフネスに、美容成分でもあるスクワレンを配合。


★定期便1袋が税込1666円、送料無料と他のサプリに比べても格安。続けやすいです。


星5
徹底的にDHA・EPA、オメガ9など、サラサラ成分、抗酸化成分が摂れてしまう…
そしてこの価格。
正直サラサラ成分こんなに摂っていいの?くらいに思ってしまうんですが、まあ、厚生労働省推奨の範囲内なんでいいんでしょう…(;・∀・)


「MIYABI‐みやび‐DHA&EPA・オメガプラス」の公式ページで詳細を見る。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。
体調改善に有効な酵素原液↓↓
体調改善酵素原液

体調改善に有効な酵素サプリ↓↓
体調改善酵素サプリ

消化酵素が強い!代謝を促進する麹菌酵素サプリ


当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。

トップページへ


 

DHA・EPAのサプリを活かすには、先に食事を減らす努力をすること!関連ページ

血液ドロドロは酵素で改善
血液ドロドロの原因は「中性脂肪」「コレステロール」です。血液ドロドロ改善には発酵食品がよいといわれますが、発酵食品そのものである「酵素食品」が血液ドロドロを効率的に改善します。
血液をサラサラに
食生活を改善しながらも酵素液でさっさと血液をサラサラにしてしまいましょう。酵素液で消化酵素を補充すれば、代謝酵素が徐々に血液をサラサラにしてくれますよ。
血液を短期できれいにする方法は?
血液をきれいにするには、体の新陳代謝に必要なミネラルやビタミンを多く含む野菜類が最も有効です。 でもなかなか多量には取れないので、足りない分は酵素液、もしくは酵素サプリメントで補うのが効率的ですね。
濃い野草酵素で血液をサラサラにする
野草はビタミン、ミネラル、消化酵素リパーゼをサポートする酵素を特にたくさん含み、肝臓を癒して体の代謝活動を活発化させるアルカリ性の健康食品です。野草の濃い酵素液を飲むのが、血液サラサラにするには特にいいですよ。
EPAを摂っても中性脂肪が減らない
私のこのホームページに「EPAを摂っても中性脂肪が減らない」という検索フレーズで訪問された方がいらっしゃいます。酵素とは特に関係はないんですけども、このページではこのことに触れていきたいと思います。
血液を1ヶ月できれいにしたいんですが?
私のこのホームページに「血液を1ヶ月できれいにしたい」という検索フレーズで訪問された方がいらっしゃいます。このページではそれについて書いていこうと思います。
酵素で血液がきれいになるって本当のこと?
私の運営するホームページに「酵素で血液が綺麗になる?」という検索フレーズで来られた方がいらっしゃいます。このページではそれについて書いていきます。
血液サラサラへの努力は一生続くものです!
私の運営するホームページにお問い合わせがありました。「血液をどうしてもすぐにサラサラにしたいんです」ということです。ちょっとそれに対して答えを返しているページです。