お茶のブームはついに麹菌サプリメントまで波及してしまったのでしょうか?

茶麹(ちゃこうじ)広告1


「茶麹(ちゃこうじ)」鹿児島県霧島市にある老舗の麹蔵(こうじぐら)、「河内菌本舗(かわちきんほんぽ)」さんがリリースした麹菌サプリメントです。

 

 

米を麹菌で発酵させた乳酸菌酵素と、黒麹という麹菌をお茶に生やし、それをサプリメント化しているとのことです。

 

 

「河内菌本舗(かわちきんほんぽ)」さんのような麹蔵はけっこうあるのですが、「河内菌本舗(かわちきんほんぽ)」さんは全国的に見ても最も老舗といっていい麹蔵で、黒麹という日本の焼酎の8割に使われる麹菌を発見した由緒ある蔵だそうです。

 

 

その功績から、黒麹は「河内菌」ともいわれているそうです。

 

 

この河内菌本舗さんは焼酎用の麹菌を培養しているだけではなくて、麹を主役とした商品を取り揃えた直販店を経営しているそうです。

 

 

そのなかの商品でも特に麹菌と地元鹿児島産のお茶をカップリングさせた麹菌サプリが人気となっているとのことです。

 

 

尚、鹿児島県は荒茶の生産量が全国第2位。静岡県に次いでいます。

 

 

鹿児島茶はとても品質が高い割に昔は知名度が低くて、ブレンド茶の茶葉として市場に流通していたようですが、近年では独自ブランドとしてかなり強力に売り出されていて「かごしま茶」のブランド名は有名になっていますね。

 

 

この「茶麹(ちゃこうじ)」は地元特産の鹿児島茶を使うことでは地域貢献への性格が強い商品となっています。

 

 

お茶と麹菌のカップリングサプリが人気が出るのは当然かなと思いますね。

 

 

珍しいですし、…人による好き嫌いもあまりなさそうですし、健康にもとてもよさそう…ということになるとお土産として人気の出るのは当然かなと思います。

 

 

それに空前の抹茶ブームですからね。お茶と麹菌のカップリングサプリなんて、観光で麹菌蔵に行ったら買ってしまいますよね。

 

 

まあ、お土産に留まらず、通販で売りだしたら大ヒットした…という商品かな?と思います。

 

 

「茶麹(ちゃこうじ)」の公式サイトで詳細を確認。

 

 

実はお茶と麹菌の組み合わせは最強でした。こんなにすごい健康サプリになるなんて…(^_^;)

 

茶麹(ちゃこうじ)広告3

その健康作用は私が思った以上に凄いものでした。

 

 

「茶麹」は農学博士2名を要する自社研究室と東北大学・東海大学・鹿児島大学の各地大学との共同研究開発で生まれた、実力のある麹菌サプリだそうです。

 

 

お茶は健康によいのはわかりますよね。

 

 

お茶は強力な抗酸化成分や豊富なビタミン、ミネラルを持っています。

 

 

お茶の効能については、お茶の福本園さんのホームページに最も詳しく書いてあるかなと思います。

 

 

参考:お茶の福本園 お茶の効能

(上記の飛び先のサイトはデータ送信の保護のためのSSL化がされていないサイトです。データ送信の保護をしている当サイトから移動すると保護されていないと注意が出るブラウザがございます。
ただし、問題なのは飛び先のサイトで個人情報などを送信する場合であって、閲覧のみする分には特に安全に問題はありません。)

 

 

これだけの効能があるとされていますから、茶葉自体を摂ると各成分がとてつもなく濃いということです。

 

 

良質の濃い成分を持つ鹿児島茶を摂るということは健康にも、お通じにもとても良いはずなのですが、茶葉そのものを摂るのではむしろ副作用的な症状が心配です。

 

 

たとえばお茶の葉は相当量のカフェインを含みます。濃いお茶をたくさん摂り過ぎると胃腸不良を起こすこともあるとされています。

 

 

お茶の葉をそのまま摂るというのはかなり危険なことのようです。

 

 

そこで各大学の協力により、河内菌つまり黒麹を活かすための研究をしたところ、黒麹がお茶の強い刺激を緩和することを発見したとのことです。

 

 

これにより、強力な栄養とともに刺激性を持つお茶を食べられるようにし、同時に黒麹、乳酸菌酵素も摂れる、ことになっています。

 

 

「お茶に麹菌を生やす」ということでは特に麹菌がもともと持つ酵素がさらに3倍にもなるということで、特にたんぱく質分解酵素「プロテアーゼ」が高まっているとのことです。

 

茶麹(ちゃこうじ)広告2

さらにヒトの大腸内では腸内細菌が食物繊維(難消化性糖類)を発酵する際に短鎖脂肪酸を産生し、健康維持に欠かせない役割を果たしているとされますが、お茶が麹菌や乳酸菌に触れるとこの短鎖脂肪酸が生成されるそうです。

 

 

尚、麹菌は乳酸菌の培養を促進することが研究されてわかっています。

 

 

まあ、お茶の持つ濃厚な健康成分を麹菌、乳酸菌で比較的マイルドに体に作用させることが可能となったところに、このサプリの意義があるということなのですね。

 

 

これを踏まえて、品質は折り紙付きですね。

 

 

★日本唯一、黒麹菌の培養から自社製造。

 

★一貫した自社製造管理。

 

★徹底した国内原料、国内生産にこだわり。

 

 

地元を代表する名品にしたいのでしょうから、まあ、当たり前のことかもしれませんが…

 

 

「茶麹」の原材料は以下の通りです。

 

 

原材料:茶麹(茶葉・米麹)、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、カラメル色素

 

 

カプセル材料以外、添加物は何も使われていません。

 

 

この安心の純成分も人気の理由の一つかもしれません。

 

 

「茶麹(ちゃこうじ)」の公式サイトで詳細を確認。

 

 

いつでも休止可能な定期便が魅力です。お茶の本当の力をしっかり試せます。

 

茶麹(ちゃこうじ)広告4


「茶麹」の定期便は1か月分62粒入りで、初回2480円(税込)送料無料、2回目以降は4600円(税込)送料無料と麹菌酵素サプリではやや高いほうかなあ~

 

 

と思いましたが、お茶の作用がとても良く出ている麹菌サプリメントなので、その優位性ということではこの価格は妥当かなとも思います。

 

 

しかも定期便はいつでも休止ができるので、初回2480円(税込)送料無料は実質お試しということになりますね。

 

 

条件的にはとても気軽に始められます。

 

 

特に身体の酸化が関係する、お通じがあまり良くない、血糖値や血圧が高めなどというお悩みのある方は濃いお茶の成分がほとんどそのまま摂れるこの特殊な麹菌サプリを一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

 

 

「茶麹(ちゃこうじ)」を特にお奨めしたい人

 

 

・便秘がちな人

 

・お酒の多い人。デンプンを多く摂りがちな人(糖質分解の麹菌(こうじ)酵素が主力の酵素サプリ)

 

・油っぽい食事が多い人。

 

・食べる量を減らさないで、ダイエットをしたい人。

 

・ごはんや甘いものだけでなくて、肉やバターなどの摂取量も気になる人。

 

 

「茶麹(ちゃこうじ)」を特にお奨めしない人

 

・製品の効果が信じられない方。(信じなければ買えませんよね(・∀・;))

 

・野菜、野草など、天然植物系の酵素、ミネラル成分が欲しいという方。(野草系の酵素液と併用するなどしてください)

 

星4
茶葉と麹菌のカップリングサプリはこれまでないですが、なかなかこの2つをカップリングするのは難しいということではなのかもしれません。
お茶の健康、ダイエット効果は多くの人がイメージが良いようで、とても人気が高いです、
茶葉にはビタミン、ミネラル、食物繊維、抗酸化成分などがたくさんあります。
野草酵素にも栄養価は負けないかもしれませんね。
なので、麹菌、乳酸菌と茶葉だけで体に与える作用も大きいと思います。
まずは便秘気味の方は試してみることをお勧めします。
価格的には標準レベルと言ったところだと思います。

 

 

「茶麹(ちゃこうじ)」の公式サイトで詳細を確認。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

体調改善に有効な酵素原液↓↓

体調改善酵素原液


体調改善に有効な酵素サプリ↓↓

体調改善酵素サプリ


消化酵素が強い!代謝を促進する麹菌酵素サプリ


当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。

トップページへ