悪玉コレステロールが若干多いといわれたのですが?

悪玉コレステロールが若干多いといわれました。

 

 

善玉と悪玉の違いは何なのでしょうか?どうすれば悪玉は減らせますか?

 

 

コレステロールはなければ困るもの

 

コレステロールとは

コレステロールは減らすということばっかり頭がいきがちですが、コレステロールは大切なものなんですね。

 

 

人間の体づくりや健康維持にはなくてはならないものなのです。

 

 

コレステロールは、血液中の脂質の一種であり、性ホルモンの材料となることも知られています。

 

 

コレステロールが足りなくなった場合、免疫力が低下します。

 

 

体を維持するためのバランスが取れなくなり、脳出血や感染病、めまいやしびれなどの神経障害などの原因となります。

 

 

コレステロール自体は積極的に摂らないといけませんね。

 

 

善玉と悪玉の違い

 

コレステロールが悪玉と善玉に分かれるのは「リポタンパ」というコレステロールを運ぶ「リポタンパク質」によって区別されます。

 

 

 

  • 「HDL(善玉)コレステロール」…余ったコレステロールが比重が重いりボタンパによって多くのコレステロールの生成元である肝臓にかえされていくもの。
  •  

  • 「LDL(悪玉)コレステロール」…比重が軽いりボタンパによって、血流に乗り、各細胞に運ばれるもの。

 

 

 

もともと脂肪は体外から摂る分より、肝臓によって生成される分量のほうが大きいんです。

 

 

余ったコレステロールが「HDL」によって処理されているうちは良いのですが、脂肪分の多い食事を摂ったり、糖分を多く摂り過ぎたりすると、LDLコレステロールが多くなってしまいます。

 

 

特に糖分を摂り過ぎると、中性脂肪となり、皮下に蓄積されるようになります。

 

 

LDLコレステロールを中性脂肪と勘違いしている人がいますが、別物です。

 

 

中性脂肪は糖分が変化して、皮下にたまるもので、LDLコレステロールは血液や細胞に残ってしまうものです。

 

 

でも、中性脂肪が多くなると、LDLコレステロールが増え、HDLコレステロールは減るという現象が見られることから、中性脂肪とLDLコレステロールは相関関係でとらえられていることが多くなっています。

 

 

LDLコレステロールが多いということは、中性脂肪も多いという傾向が強く、糖尿、動脈硬化、脳卒中の予備軍であるということにほかなりません。

 

 

悪玉コレステロールを減らすには

 

悪玉コレステロールであるLDLコレステロールを減らすには、食生活においてコレステロールを低めにコントロールすることが必要です。

 

  • コレステロールが多い卵や乳製品、肉類などは食べ過ぎに気をつける。
  •  

  • 野菜やきのこ、海藻などの食物繊維や酵素を多く含むものをできるだけ一緒に摂る。
  •  

 

 

当然中性脂肪を増やす糖分も控えねばなりませんね。

 

 

また、積極的な運動がHDLコレステロールを増やします。

 

 

LDLコレステロールを減らすには意外に簡単なことなんですよね。

 

 

健康的な食生活を送り、良く動くことです。

 

 

でも、最近は肉類や卵類、油脂類、穀類は安い。

 

 

野菜や果物などは高価。

 

 

だから、なかなか食生活の改善は難しいのですよね。

 

 

毎日毎日野菜不足を気にするのも煩わしいですよね。

 

 

そこで、野菜を主原料にした酵素液を摂るとよいでしょう。

 

 

肉、卵など、LDLコレステロールや脂肪分の多い食品の悪影響を中和してくれますよ。

 

 

オリティの高い無農薬、無添加野菜酵素液はこちらにあります。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

体調改善に有効な酵素原液↓↓

体調改善酵素原液


体調改善に有効な酵素サプリ↓↓

体調改善酵素サプリ


消化酵素が強い!代謝を促進する麹菌酵素サプリ


当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。

トップページへ